人気ブログランキング |
今日は中国地方で唯一未制覇の重伝建地区
兵庫県養父市大屋町大杉地区に出掛けます。
午前9時、自宅を出発。
備前icから山陽道へ入るといきなり渋滞にハマっちゃいました
d0127538_19040112.jpg

約1時間のロスで重伝建地区に到着115.png
車は養父市立木彫展示館に駐車出来ます。
d0127538_19041773.jpg

駐車場には重要伝統的建造物群保存地区の案内板があります。
平成29年7月31日、養父市大屋町大杉の約5.8ヘクタールが
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。
d0127538_19042390.jpg

まずは木彫展示館から見学します。
入館料は200円と好意的です102.png
d0127538_19043300.jpg

許可を頂き玄関脇にさくらを繋ぎます。
ちょっとの間、待っててね。
d0127538_19044417.jpg

木彫展示館は、明治後期に建築された二階建ての旧栃尾医院を改修した
全国でも珍しい木彫フォークアート作品の展示館です。
こちらに重伝建地区のパンフレットが置かれています。
d0127538_19045586.jpg

全国公募展木彫フォークアート・おおやの優秀作品を展示しており
木彫フォークアートの魅力を感じることが出来ます。
d0127538_19051155.jpg

ノミや彫刻刀を使い、木の塊から削り出すことで生まれる魅力ある作品が展示されています。
d0127538_19051676.jpg

一番のお気に入りはこちら113.png
d0127538_19052192.jpg

それでは散策に出発しましょう。
ここから小高い尾根に登ると二宮神社、大福寺があります。
d0127538_19060989.jpg

こちらは古民家の宿「大屋大杉 河辺家」です。
一棟貸しの宿で「三階建養蚕農家が並ぶ歴史ある集落にとけこむように泊まる」ことが出来ます。
d0127538_19061467.jpg


壁と窓が特徴的な大杉の三階建養蚕農家
d0127538_19060337.jpg

こちらは古民家の宿「大屋大杉 正垣家」です。
5部屋の客室とレストランがあります。
d0127538_19063331.jpg

こちらは「ふるさと交流の家いろり」で
三階養蚕住宅の一階を利用した簡易宿泊施設です。
d0127538_19064481.jpg

大杉地区には、江戸時代後期から昭和30年代までに建てられた主屋や土蔵などの
伝統的建造物が群として現存していて三階建の養蚕住宅群が特徴のある集落景観を
形づくっています。
養蚕住宅は、切妻型の瓦葺屋根、抜気とよぶ換気装置、大壁造、大きな掃き出し窓の
採用という形式で統一され、地区内には主屋27棟があり、そのうち12棟が
三階建養蚕住宅です。
大杉地区には養父市を代表する優れた集落景観が受け継がれています。
d0127538_19070732.jpg
今回ものんびり散策出来ました。
午後2時30分、帰路につきます。


# by noborusann | 2019-05-05 17:27 | 重伝建地区

長法寺のあじさい

ちょっと前(6/18)の話ですが、長法寺へ紫陽花鑑賞に行って来ました。

その前にちょっと寄り道して、津山小滝へ。

ここは紫陽花と滝が奇麗なんだけど、残念ながらまだ早くてつぼみでした。

d0127538_9242870.jpg



恒例の「つるや」で昼食を食べ、午後1時過ぎ、長法寺へ到着。

駐車場はほぼ満車状態で、沢山の人で賑わってます。

神南備山の麓に静かに構える長法寺は「あじさい寺」として親しまれています。

d0127538_9263757.jpg



明治6年の津山城取り壊しの時、アジサイを描いた腰高障子が贈られ

それをきっかけにアジサイが植えられたそうです。

梅雨の季節になると約3500株のアジサイが咲き誇りますが、まだちょっと早かったです。

d0127538_927098.jpg



立派な石垣は約300年前のものとの事です。

d0127538_928183.jpg



境内からの眺望もよく、町並みを見渡すことが出来ます。

d0127538_9292361.jpg




d0127538_9302876.jpg




d0127538_9305096.jpg



長法寺から山側に登って行くと多宝塔があり、展望スポットらしいのですが

この暑さに負け、登るのは止めました。(^^ゞ

d0127538_9311779.jpg



さて次は吉備津神社に向かいます。
# by noborusann | 2017-07-09 09:31 | ちょっとお出かけ

手柄山中央公園

今日は姫路市にある手柄山中央公園へ行って来ました。

ここの目的は、まだのぼるさんが小学生の頃

姫路駅から姫路大博覧会の会場(手柄山)へと走るモノレールを見て

いつか乗りたいと思いつつ、乗ることがないまま廃線になってしまった姫路モノレールが

手柄山中央公園にモノレール展示室として公開されたので見学に来たわけです。(^^)v

この公園は入園無料で駐車料金も¥200/日と良心的です。

d0127538_10393025.jpg



手柄山中央公園は総面積38ヘクタールの広大な市民公園です。

頂上に立つ太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔を中心に、回転展望台・平和資料館

水族館・温室植物園・緑の相談所・文化センター・手柄山遊園・市民プール・中央体育館

陸上競技場・手柄山交流ステーションなど文化・スポーツ施設があります。

d0127538_10394928.jpg



ここが目的のモノレール展示室です。

展示してある車両は、ロッキード式モノレールとしては、世界唯一の現存車両です。

d0127538_10403156.jpg



実際に乗って触れることが出来るのは貴重ですね。

d0127538_10404672.jpg



当時の「手柄山駅」をそのまま展示施設として保存しています。

これはいいですね~、おじさんとしては涙が出るほどうれしいですね。(^^ゞ

d0127538_1042218.jpg



パーツも沢山展示されています。

d0127538_10431778.jpg



姫路博中央会場(手柄山中央公園)への交通手段として開業した姫路モノレール。

開業当時の様子をジオラマ模型で紹介しています。

d0127538_10433453.jpg



サンクガーデンを散策するのもいいですね。

d0127538_11324920.jpg



こちらはロサンゼルスにある空港の管制塔をまねて作られた喫茶展望台です。

床が15分ほどで一周するしくみになっていて

お茶を飲みながら姫路市街が一望できます。

d0127538_10441252.jpg



のぼるさんは下に停めたけど、車で山頂まで登って来ることが出来ます。

駐車料金はどこも一緒で¥200/日だったと思います。(^^ゞ

d0127538_10453493.jpg



スリラー搭は手柄山のふもとからでも目立っている西洋の城風の建築物です。

中は迷路っぽくなっていて、手柄山の象徴的存在です。

d0127538_10461062.jpg



スリラー搭からは姫路城も眺望出来ます。

d0127538_10462985.jpg



手柄山の象徴的な存在で、正式名称は「太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔」です。

昭和31年に建立され、剣を大地に突き刺し、武器を封じ込めて「もう戦争はしない」ということを

表現しています。

今日も先ほどまで祭典が行われていて、沢山の方が参列されてました。

d0127538_1046575.jpg



回転展望台をバックに記念撮影、あちゃ~顔が真っ黒けだよ~。

d0127538_10471241.jpg



周りに邪魔物がないので、どこからでも眺望が楽しめます。

d0127538_1049470.jpg



バラ園には、ハイブリッド・ティーやフロリバンダなど50種類約300株のバラがあり

春(5月)と秋(10月)が見ごろです。

d0127538_10494579.jpg



ワンちゃんも散歩中で~す。(^^ゞ

d0127538_1050636.jpg



姫路市立水族館、スリラー搭、ロックガーデンを望みます。

d0127538_10504710.jpg


さぁボチボチ姫路駅へ友人を迎えに行きましょう。

手柄山中央公園は広大で、とても2時間程では見て回れません。

また再訪しないとダメですね。

また楽しみが一つ増えました。(^^)v


# by noborusann | 2017-06-04 10:51 | ちょっとお出かけ

ちょっとしたお出掛けの中から感じた事を紹介したいと思ってます。


by noborusann