今日(9/19)は、総社市民会館で行われる報告会へ行って来ました。

しかし、総社市民会館は一度も行ったことがないので、カーナビをセット。

でもなんとなんと、データ無しでセット出来ません。

仕方ないので、取り敢えず総社市役所を目指して行くことに。

そして後で分かったんだけど、総社市民会館は総社市総合文化センター内に

ありました~。(^^ゞ

d0127538_15381333.jpg



報告会の詳細はこちらです↓

「野口健 熊本県益城町 テント村プロジェクト報告会」です。

平成28年4月に発生した熊本地震で、岡山県総社市とともに、熊本県益城町に

テント村を開設し、 最大で156張に571人を迎え入れた支援活動をされました。

d0127538_15383022.jpg



まずはロビーに掲示されている、プロジェクト活動の写真を拝見します。

d0127538_15385570.jpg



このテントとタープは、実際にテント村で使用されていた物と同じで

野口 健さんが、エベレストで使っているのと同じ物との事でした。

さすが健さん、妥協はしないですね。!(^^)!

d0127538_15391657.jpg



報告会は

 1.野口 健さんによる「テント村プロジェクト支援活動報告」

 2.AMDAグループの看護師さんによる「救護支援活動報告」

 3.その他サプライズ

約2時間の有意義な報告会でした。

残念ながら撮影は禁止なので、写真は開会前に撮ったものです。

d0127538_15393799.jpg


報告会に参加して私なりに感じた事。

それは自分の事だけ、自分の家族の事だけを考えて、この歳まで来てしまった事を反省。

これからの人生、少しでも皆さんのお役に立つ事をやらねばと、つくづく考えさせられました。

これからは少しづつでも、ボランティア活動に参加したいと思います。
[PR]
# by noborusann | 2016-09-20 22:06 | その他 | Trackback | Comments(0)

備中国分寺をブラリ

今日(9/14)は幾分過ごしやすい気温でしたね。

そこで備中国分寺の散策と「総社吉備路文化館」で開催されている

高木聖雨氏の書展の鑑賞に行って来ました。

車は「吉備路もてなしの館」東の県営南駐車場(無料)へ停めます。

d0127538_22564486.jpg



備中国分寺の南側の水田に、国分寺の五重塔を稲でかたどった

「逆さ五重塔」が制作されています。

五重塔の高さとほぼ同じ34メートルで、総社吉備路商工会が話題づくりのため

初めて企画されました。

但し、上から見下ろさないとよく分かりません。(^^ゞ

d0127538_225126.jpg



吉備路のシンボルともいうべき五重塔は,国分寺の再興からおよそ100年後の

文政4(1821)年ごろより、証旭和尚によって建立が図られました。

工事が完了したのは、天保14(1843)年か弘化元(1844)年の事と言われています。

d0127538_22513126.jpg



日照山国分寺は、奈良時代に創建された備中国分寺の再建を目指した増鉄和尚により

江戸時代・享保2年(1717)年から19年の歳月を費やして建立されたものです。

d0127538_22515771.jpg



この景観、こころが和みますよね~。

一日中、このベンチに座ってパソコン・・・いや読書を楽しみたいものです。(^^ゞ

d0127538_22524734.jpg



コスモス畑の中を「総社吉備路文化館」へ向かいます。

正面に見えるのは「こうもり塚古墳」です。

d0127538_22531740.jpg



「こうもり塚古墳」を過ぎると「旧山手村役場」が移築復元されています。

d0127538_2254773.jpg



その隣には「旧松井家住宅」も同じように移築復元されています。

d0127538_22542610.jpg



そして向かいの茅葺の建物は・・・トイレでした。(^^ゞ

d0127538_22544351.jpg



さらに進むと、高木聖雨書展の開催されている「総社吉備路文化館」に着きます。

書展は入場無料です。

d0127538_22551331.jpg



高木聖雨氏は、総社市出身の書家で、毛筆書体の篆書、隷書、楷書、行草書の

全書体を研究し、「書道は瞬間の芸術である」という持論で、「魅せる書」を

追求されています。

昨年の改組新第2回日展で文部科学大臣賞を受賞した「駿歩」が一堂に展示されています。

d0127538_2253464.jpg



書展を官能し、散策を続けます。

遊歩道沿いには彼岸花が咲きだしています。

まだまだ暑いけど、季節は秋へと向かっていますね。

d0127538_22554081.jpg



ここが「こうもり塚古墳」です。

ここは吉備の大首長の墓と考えられる前方後円墳で、後円部には棺を納めた横穴式石室があります。

横穴式石室の中に入ると、冷房が効いている位涼しいですよ。

d0127538_2256335.jpg



ぐるっと一回りして戻ってきました。

今日は曇っていて、あまり暑くなく散策が楽しめました。

d0127538_22562927.jpg


しばらく「吉備路もてなしの館」のベンチで休憩して帰路に着きました。

もう少し涼しくなったら、さくらを連れて来ましょう。


[PR]
# by noborusann | 2016-09-15 17:35 | ちょっとお出かけ | Trackback | Comments(0)

鳴滝ダム

鳴滝森林公園から、約5分も走ると到着です。

以前はダムの天端まで車で入れたのに、今日は柵があり

駐車場から先へは、車で入れなくなっています。

d0127538_17146100.jpg



前回は、車で通り過ぎて気づかなかったダム概要がありました。(^^♪

d0127538_17142759.jpg



さくらの散歩がてら、車道を歩いてダムに向かいます。

しかし、今日は無茶苦茶暑いですね~。

d0127538_17145525.jpg



少し歩くと管理所に着きます。

d0127538_1715915.jpg



管理所の玄関扉には、ダムカードの案内が貼られています。

どうやら、ここでは貰えないみたいですね。

d0127538_17152883.jpg



まずは鳴滝ダムについてのお勉強です。

d0127538_17161071.jpg



鳴滝ダムは、重力式コンクリートダムなので、天端は真っ直ぐですね。

d0127538_17165369.jpg



さてさて、見下ろしているものは何でしょう?

d0127538_17173413.jpg



ジャ~ン!それは半円越流常用洪水吐です。

通称、ダム穴です。(^^)/

d0127538_171832.jpg



半円越流常用洪水吐の説明板も取り付けられています。

半円越流常用洪水吐のあるダムは、日本全体でも少ないので貴重です。

d0127538_17183191.jpg



ダム湖名は鳴滝湖です。

ここはいつ来ても静寂で、鳥の囀りが心地よいですね。

d0127538_17184698.jpg


ダムカード、配布ダムがドンドン増えて収集意欲が低下している

今日この頃です。(^^ゞ


[PR]
# by noborusann | 2016-09-08 15:01 | ダム散歩 | Trackback | Comments(0)

ちょっとしたお出掛けの中から感じた事を紹介したいと思ってます。


by noborusann